雅 楽 器


<三 管>
鳳笙(ほうしょう)
「天空から差し込む光」
 鳳凰が翼を立てて休んでいる姿を模していることから「鳳笙」と呼ばれています。匏と呼ばれる吹口がついた木製の碗の上に、その円周に沿って十七本の竹製の管が差されており、その内、十五本の管には佐波里(さはり)と呼ばれる金属製の簧(リード)が付いています。
笙は和音を奏する楽器で、いくつもの音を同時に出すことができます。竹管の根元に開けられた音孔をふさぐことにより、その管のみ音が出るようになっています。また、息を吸っても吐いても同じ音を出すことができます。
通常は五つ、六つの音を同時に出す「合竹」という奏法を行いますが、一つの音のみを出す「一竹」という奏法もあります。
篳篥(ひちりき)
「地上に暮らす人々の声」

 篳篥は竹管の本体に「蘆舌(ろぜつ)」と呼ばれるを葦の茎で作られた舌(ダブルリード)差し込んで吹く楽器です。本体には表に七つ、裏に二つの指孔があります。
雅楽の合奏では主旋律を奏し、滑らかにうねるような音を作る「塩梅(えんばい)」という奏法が特徴的です。

龍笛(りゅうてき)
「天地を行き来する龍の嘶き」

 龍笛は、唐楽の演奏に用いる横笛です。竹製の本体に七つの指孔があります。たいへん音域が広く、軽やかな旋律を奏することができる楽器です。また合奏では、主旋律を装飾するような役割も担っています。