平 調

皇鹿章 五常楽 萬歳楽 甘 州 三臺塩
春楊柳 林 歌 老君子 陪 臚 鶏 徳
慶雲楽 裹頭楽 相府蓮 勇 勝 扶 南
夜半楽 小老子 王昭君 越殿楽  


皇鹿章(おうじょう)
別名:海老葛
 唐楽、平調、大曲、新楽。舞あり(舞人六人)。
 唐楽の四大曲(皇鹿章・春鶯囀・蘇合香・萬秋楽)の一つ。四大曲のうちの二曲(皇帝破陣楽、団乱旋)が絶えたので、準大曲であったこの曲が大曲になった。
破(延八拍子、拍子十)、七帖(延八拍子、拍子十)、八帖換頭(延八拍子、拍子十)、九帖(早八拍子、拍子十)、急(拍子二十)が残っていて、一具となっている。
 唐の中宗の時代(六八四〜七一〇)に、契丹を破った故地である黄じょうの谷で戦死した将軍王孝傑の忠義ぶりをたたえて、帝がこの曲を作ったと伝えられる。日本への伝来は不明。
 元々は、遊声(一帖)、序(三帖)、破(九帖)、急(一帖 早四拍子、拍子二十)という構成であったが、現在は急(小曲)のみ管絃で奏される。
 舞人は襲装束を着て、両肩を脱いで舞う。


五常楽(五聖楽・五性楽・後生楽:ごしょうらく)


別名:礼儀楽、五土旁楽
 唐楽、平調、中曲、序(序吹、拍子八)、破(延八拍子、拍子十六、小曲)、急(早八拍子、拍子八)、新楽。舞あり(舞人四人、文舞)。
 中国唐の太宗(在位六二七〜六四九)の作。儒教の仁儀礼智信の五徳を、宮商角微羽の五音にあてはめて作られた曲で、礼儀楽という別名もある。序・破・急が完全に揃っている数少ない曲の一つ。
左方蛮絵装束に巻纓、老懸をつけた冠を被り、片肩袒で舞う。
平調調子、序、詠、破、急(五帖)、入綾。番舞は、「迦陵頻」。


萬歳楽(まんざいらく)


別名:鳥歌萬歳楽
 唐楽、平調、中曲、延八拍子、拍子十、新楽、舞あり(舞人四人)
 中国唐の則天武后(在位六九〇〜七〇四)の作。武后が飼っていた鸚鵡がいつも万歳と鳴くので、その鳴き声をとって作曲した。
また、隋の煬帝(在位六〇五〜六一六)の作とも伝えられ、唐で賢王が世を治めた時に鳳凰が飛んで来て、賢王万歳と囀ったので、その有様を音楽にしたという。
日本への伝来は不明。
 醍醐天皇が延長四年(九二六)十月十九日に嵐山の麓の大堰川で舟遊びを行った時、雅明親王が七歳でこの舞を大変上手に舞ったので、天皇はこれを称えて着ていた半臂を脱いで与えた。明治天皇の即位の大礼以来、大饗の第二日目に「太平楽」と共に舞うことになった。大変めでたい曲とされ、現在でもよく舞われ、左方の文の舞の代表曲である。
左方襲装束(常装束)の袍を片肩袒にし、鳥甲を被って舞う。次第は、平調調子(舞人登場)、当曲(当曲舞)、臨調子(退場)。番舞は、「延喜楽」。


甘 州(かんしゅう)



別名:甘州楽、甘州塩、衍台
 唐楽、平調、準大曲、延四拍子、拍子十四、新楽、舞あり(舞人四人)。
中国唐の玄宗皇帝(七一三〜七五六)の作とも伝えられる。中国の甘粛省に甘州という地名がある。甘竹という竹の密生しているところで、その根元に毒蛇、毒イモリ、毒虫がいて、竹を切り出すことができない。この曲を奏して船に乗って竹を切ると、毒虫には金翅鳥の音に聞こえるので、人に害を与えないといわれている。
また、唐の玄宗が太后と青城山に行った時、官女の衣が風になびいて仙女が舞っているように見えたので、これを舞にしたという。
襲装束の両肩を脱いで舞う。種まきという特殊な舞の手がある。調子で舞人は舞台に出て、当曲を舞い、重吹で入る。番舞は「林歌」または「仁和楽」。


三台塩(さんだいえん)



別名:天寿楽
 唐楽、平調、中曲、急、早四拍子、拍子十六、新楽。舞あり(舞人四人)。
中国唐の則天武后(在位六九〇〜七〇四)の作。張文成という者が「遊仙窟」という恋愛小説を書いて武后に差し上げたところ、武后は大変喜んで、その本の内容を曲に表したという。
犬上是成が日本に伝えたとされる。襲装束を着て舞ったが、伝承は絶えている。番舞は「皇仁庭」であった。


春楊柳(しゅんようりゅう)
 唐楽、平調、中曲、早八拍子、拍子十二、新楽。舞なし。


林 歌(臨河、林賀:りんが)
 唐楽、平調、小曲、早八拍子、拍子十六、新楽。舞なし。
高麗楽に同名の曲がある。唐楽の曲には舞はないが、高麗楽には舞がない。


老君子(朗君子、:ろうくんし)
 唐楽、平調、小曲、早四拍子、拍子十六、新楽。舞なし。
この曲は、唐では男子の誕生の時に演奏した。わが国では天皇の六十の賀宴の退出の音楽として演奏された。