雅楽人物伝

  横笛を吹く公達(源氏物語)


あつみしんのう
敦実親王

寛平五年(893)
康保四年(967)

宇多天皇の皇子。和琴・琵琶の名人。源家流歌物の始祖。「胡蝶」「延喜楽」の舞を作ったと伝えられる。

あべ すえひさ
安倍 季尚

元和八年(1622) 〜宝永五年(1708)

元禄三年、三大楽書の一つ『楽家録』全五十巻を著わす。

あわたの みちまろ
粟田 道麿

生年不詳
 養年三年(719)

大宝元年遣唐使。「皇帝破陣楽」を伝えたといわれるが、「秦王破陣楽」かもしれない。

いぬがみのこれなり
犬上 是成

生・歿年不詳

唐より「三台塩」を伝える。承和(八三四〜八四八)年間に「西王楽」の舞を作り、「春庭楽」を太食調より双調に移して舞を作る。

おうみのみふね
淡海 三船

養老七年(723) 〜
延暦四年(785)

大学頭。刑部卿。演奏家ではないが、一説によれば初めての神楽歌の撰下人と言われる。

おおがのもとまさ
大神 基政

承暦三年(1079) 〜保延四年(1138)

雅楽允。堀河天皇の勅により「壱団嬌」を琵琶譜より笛の譜に移し、長承二年(一一三三)笛の書『竜鳴抄』を著わす。

おおのすけただ
多  資忠

永承元年(1046) 〜康和二年(1100)

堀河天皇の神楽の師範。康和二年、楽道の争いで山村正連に殺害され、多家の神楽と舞が一時絶えた。

おおのただたつ
多 忠竜 

慶応元年(1865)〜 昭和十九年(1944)

大正十年楽長。同十三年退官。昭和十二年帝国芸術院会員。

おおのただとも
多 忠朝

明治十六年(1883)〜昭和三十一年(1956)

昭和十一年楽長。同十五年に「浦安の舞」「悠久」「昭和楽」などを作る。

おおのよしもち
多 好用

承平四年(934) 〜
長和四年(1015)

藤原道長の勘気を受けて天王寺に移り住み秦公信に「採桑老」を伝える。

おおべのきよかみ
大戸 清上

生年不詳〜
 承和六年(839)

笛の名手であり、平安期の雅楽の日本化に大きな貢献をした作曲家。
主な作品。「秋風楽」「海青楽」「壱団嬌」「感秋楽」「承和楽」改作「安摩」「胡飲酒」共作として「輪台」「青海波」。最後の作品は「清上楽」といわれる。

おおべのまなわ
大戸 真縄

生・歿年不詳

承和年間に「団乱旋」の舞を改作し、「壱金楽」の舞を作ったといわれる。

おか まさな
岡 昌名

天和元年(1681) 〜宝暦九年(1759)

失われかかった楽書・記録を集めた『楽道類聚』全三十巻を撰した。

おがわ もりなか
小川 守中

生年不詳〜
文政六年(1823)

尾張の医師。文政五年『歌舞品目』十巻を著わす。

おわリのはまぬし
尾張 浜主

天平五年(733)〜
歿年不詳

笛と舞の祖といわれる。大戸清上と共に平安期の雅楽の日本化に大きく貢献した。
孝謙天皇の勅により「陵王」を改めて、「囀」を略定し、入舞に「安摩乱声」を用いるようにした他、承和の大嘗会には「拾翠楽」「河南浦」などに舞をつけ、
承和十二年正月、一一三歳で「春鶯囀」を舞ったといわれる。一説には承和二年に渡唐、同六年帰朝したとか、『五重記』 の作者ともいわれる。

きびの まきび
吉備 真備

持統七年頃(693) 〜
宝亀六年(775)

吉備大臣。学者。養老元年(七一七)遣唐留学生として渡唐。天平七年(七三五)、銅律管、写律管の方磬十二条、『楽音要録』十巻などを持ち帰った。

くだらのていゆう
百済 貞雄

生・歿年不詳

仁和年間(八八五〜八八九)勅によって楽を作り年号にちなんで「仁和楽」とした。

くれのさねくら
久礼 真蔵

生・歿年不詳

延暦年間(七八二〜八〇六)遣唐舞生として渡唐。「春庭楽」「柳花苑」を伝えた。

こまのちかざね
狛 近真

治承元年(1177) 〜仁治三年(1242)

狛氏の祖。天福元年(一二三三)『教訓抄』十巻を著す。

こまのともかず
狛 朝葛

建長元年(1249) 〜元弘三年(1333)

元亨二年頃『続教訓抄』を著し、左舞譜『掌中要録』も著す。

さだやすしんのう
貞保親王

貞観十二年(780)〜
延長二年(924)

清和天皇の第二皇子。「南宮」と号し、管絃に長じ特に笛の名人だった。『南宮譜(琵琶譜)』『南竹譜(笛譜)』を著し、『十操記』の著者とも伝えられる。

しばすけひろ
芝 佑泰

明治三十一年(1898)〜昭和五十七年(1982)

日本芸術院会員。正倉院の楽器を調査。五線譜による歌曲、楽曲の総譜を著し、『雅楽通解』など、雅楽に関する著作が多い。

しもはる(げしゅん) 
下 春

生・歿年不詳

『教訓抄』に「高麗楽は四夷の楽。下春渡す」。『楽家録』には「所謂四夷楽は皆下春渡す所なり」などとある。

しんぜいにゅうどう
信西 入道

生年不祥〜
(1159)

藤原通憲(ふじわらのみちのり)。平安末期の朝臣。小納言に進んで出家し信西といった。『信西入道古楽圖』で知られる。

そのひろしげ
園 広茂

明治三十四年(1901)〜

舞の名手として知られ、「胡飲酒」「蘇莫者」を継承し、「春鶯囀」「蘇合香」など大曲の指導を行なっている。

たけるべのさかまろ
建部 逆麿

生歿年不祥

平安時代の雅楽家。笛師。「廷喜楽(えんぎらく)」の作曲をしたといわれる。

つじたかひで
辻 高秀

正保二年(1645) 〜
宝永四年(1707)

元禄七年(一六九四)賀茂祭の為に甥の近家と共に「東遊」を再興する。

つねよのおとうお
常世 乙魚

生歿年不祥

弘仁(八一〇〜八二四)年間南池院行幸の時「秋風楽」の舞を作り、承和(八三四〜八四八)には「輪台」「青海波」を大戸清上などと共作したといわれ、
「胡徳楽」を横笛の譜から高麗曲に渡した。又宣旨により「十天楽」を作ったともいわれる。

とよはらのむねあき
豊原 統秋

宝徳二年(1450) 〜大永四年(1524)

後柏原天皇の笙の師範。応仁の乱以降の雅楽が絶えるのを憂い、『體源抄十三巻』を著わす。また『舞曲口伝』も著わす。

はやし なおくら
   (まくら)
林 真(直)倉

生・歿年不詳

承和年間(八三四〜八四八)勅により「賀殿」の舞を作り、立太子の時には「央宮楽」を作る。

ばらもんそうじょう
婆羅門僧正

生年不詳〜
天平宝字四年(760)

天平八年(七三六)林邑の僧仏哲と共に「林邑楽」を伝えた。又天平勝宝四年(七五二)の大仏開眼供養の導師を務める。

ふじわらのきんとう
藤原 公任

康保三年(966)〜
長久二年(1041)

四条大納言。詩・歌・管弦に優れていて『和漢朗詠集』を撰す。

ふじわらのさだとし
藤原 貞敏

大同二年(807) 〜
貞観九年(867)

琵琶の名人で祖といわれる。承和二年(八三五)年遣唐使准判官として渡唐。「玄象」「青山」(共に仁明天皇の御物)の名器と琵琶譜を持ち帰る。
「賀殿」 の曲を琵琶で習い伝えたといわれる。

ふじわらのただふさ
藤原 忠房

生年不詳〜
延長六年(928)

廷喜十六年(九一六)頃神楽歌の増強を選定。廷喜二十年(九二〇)頃に催馬楽の増強選定。「胡蝶」「延喜楽」を作り、「武徳楽」「河曲子」を改作する。

ふじわらのもろなが
藤原 師長

保延四年(1138)〜
建久三年(1192)

太政大臣。妙音院と号し、謡物・管絃に勝れていたが、特に琵琶・筝の名手。琵琶譜『三五要録』筝譜『仁智要録』を著わす。

ぶってつ
仏哲

生・歿年不詳

林邑(ベトナム)の僧。天平八年(七三六)婆羅門僧正と共に渡来。所謂「林邑八楽」を伝え教えた。

みしまのたけくら
三嶋武蔵

生・歿年不詳

承和年間(八三四〜八四八)に「承和楽」「壱団嬌」の舞を作舞。

みなもとのひろまさ
源 博雅

廷喜十八年(918)〜
天元三年(980)

醍醐天皇の皇子。博雅三位又は長秋卿などといわれ、謡物では藤家流の始祖。「長慶子」の作者として知られる。

みなもとのまさのぷ
源 雅信

延喜二十年(920)〜
正暦四年(993)

宇多天皇の皇子。花山天皇の頃に「神楽歌」「催馬楽」の補正選定をした。「朗詠」の始祖。

みなもとのよりよし
源 頼能

生・歿年不詳

王堅物頼吉(おうけんもつよりよし)ともいう。後三条天皇 (一〇六八〜一〇七二)に仕えた。
笛の名手として聞こえる。天皇の命により大嘗会のときに「千秋楽(せんしゅうらく)」を作曲し、「拾翠楽(じゅっすいらく)」も作った。

み  ま  し
味 摩 之

生・歿年不詳

推古天皇の二十年(六一二)に百済より渡来し「伎楽(呉楽)」を伝えた。

よしみねのやすよ
良ュ 安世

延暦四年(785) 〜
天長七年(830)

桓武天皇の皇子。「輪台」「青海波」の舞を作舞したと言われる。

わにべの おおたまろ
和邇部 大田麿

延暦十七年(798) 〜貞観七年(865)

承和年間(八三四〜八四八)に「輪台」「青海波」を平調より盤渉調に、「春庭楽」を太食調より双調に移す。
嘉祥年間(八四八〜八五〇)には「嘉祥楽」を作って「賀殿破」とした。

わにべの しまつぐ
和邇部 嶋継

生・歿年不詳

桓武天皇(七八一〜八〇六)の時「蘇合香」を渡し伝えたといわれる。


名人伝

笛の名手 年 代 備 考
堀河天皇 承暦三年(1079)〜 嘉承二年(1107) 白河院第二皇子。堀河院は寒夜、笛の練習にあたって笛の管から滴り落ちる水滴を器に受けた所、一夜に三度も器を満たした。
淨明院得業円憲   桜町円憲
大神惟季   懐竹譜
大神基政

承暦三年(1079) 〜保延四年(1138)

竜鳴抄
小部正清    
宗輔太政大臣    
宗像大納言    
摂津守忠政    
源博雅 廷喜十八年(918)〜天元三年(980) 長秋譜(長竹譜)
藤原保高    
明光    
琵琶の名手 年 代 備 考
藤原貞敏 807〜867  
藤原師長 1137〜1192 「雨大臣」
蝉丸    
源博雅 廷喜十八年(918)〜天元三年(980)  
平重衡    
平経正    
中原有安   鎌倉時代の楽人。鴨長明の琵琶の師匠。「胡琴教録」
笙の名手 年 代 備 考
村上天皇    
堀河天皇    
致平親王    
藤原基経    
三条中納言朝成    
西園寺左大臣公衡    
和邇部時延    
豊原時元    
豊原時光    
豊原時秋    
豊原利秋    
豊原豊秋    
林広守    
篳篥の名手 年 代 備 考
和邇部用光(茂光)    
源博雅 廷喜十八年(918)〜天元三年(980)